もっと知識を深めたい!後悔しない学校選び

これまでの教育方式、学歴がこれからも通用する保証はどこにもありません。これからの時代に合った仕方で教育を受けましょう。
記事を検索

時代の流れに合った教育

以前であれば心配しなくても済んだような事柄が、今の時代にはわたしたちの頭を悩ませています。
最近では、大学全入時代と言われていますが、果たして大学に行ったところで、就職先があるのだろうかという不安があるかもしれません。
せっかく4年間一生懸命勉強して、高い学費を払って大学を卒業しても、その先がなかったり、正社員ではなく非正規雇用では、頑張っただけの報いを受けることができないと考えるのも当然かもしれません。
さらには、大学の学部選びに関しても、さまざまな意見があるために、決め手に欠いてしまうということもあるでしょう。
以前であれば、どのような学部でも受け入れ先があったのかもしれませんが、最近では世の中の移り変わりも激しいために、時代の流れにあっていない大学の学部が存在することを考えると、この点でも決め手に欠けるかもしれません。
しかし、中にはそもそも大学教育の必要性に疑問を投げかける方もおられます。
若い貴重な時期の4年間を、大学のキャンパスで過ごすくらいなら、専門学校やスクールで、実社会に役立つスキルを身に着いて、そうすることが社会の第一線で活躍するために助けとなるという考え方です。
たしかに、時代の流れが学歴信仰から、成果主義へと移行している業界ではそのような結論に至っても不正解ではないと思います。
とくに、IT業界では、大学の学部や大学院を卒業しても、即戦力として用いることのできるスキルを持ち合わせていないならば、必要ない人材として採用してもらえないかもしれません。
そうなってくると、だれもこれからの時代は、学歴を盾に取って生きていくことはできないということなのです。
とくに、実力がなければ、たとえ東京大学の医学部を卒業しても、年収300万円台の待遇に甘んじる結果となります。
しかし、ある意味ではこのような現状は、資本主義の原則に即した、理想的な状況なのかもしれません。
つまり、経歴、学歴がなくても、実力があれば社会の中でどんどん先に進んでいけるということです。
そうなってくると、これからますますスクールの重要性が増してくるのかもしれません。
ある特定の分野に特化したスクールで、集中的に勉強して、その道のプロになることによって、やがて会社の中でも通用しますし、また自分自身で独立開業するときにも、大きな助けになることは間違いないでしょう。
ですから、これからはこれまでの時代に通用してきた規定概念を一旦振り捨てて、今の時代に即した、もっと言うならば未来に通用する仕方で前に進んでいかなければならないのです。
Copyright (C)2017もっと知識を深めたい!後悔しない学校選び.All rights reserved.